ニトリが一番安いのか?

CMの最後に流れる“♪お値段以上 ニ・ト・リ”という言葉ってすごくインパクトがありますよね。
インテリアを買うときには、真っ先にニトリのことを思い出す人は少なくないのではないでしょうか?

 

ニトリカーテンgr

私も個人的には、ニトリのデザインは大好きですし、結構お世話にもなっています(*^-^*)

 

ただ、ニトリで買ったインテリアだと多くの人が利用しているお店なので、人の家に行ったときに同じものを見かけることが多いのが、とても残念って思ってしまいます(´;ω;`)ウゥゥ

 

ニトリの商品だって決して安いわけではないのですが、どうしても安く抑えたイメージとこだわりを感じがしません。

 

今回買い物するものは、外からでも見えてしまうカーテンなので、東京インテリアなどニトリではないお店を周って探してみました。
ただ、品数の豊富さで言えばやっぱりニトリには太刀打ちできる商品数ではないし、値段もニトリと比べると少し割高です。

 

もちろん、カーテンに使っている素材やデザインによっては値段が変わるのはわかっていますが、ニトリで取り扱っているカーテンと全く同じデザインも取り扱っていましたよ。
既製品なら当たり前かもしれません。

 

欲しいデザインのものも見つかりましたが、残念なことにサイズの在庫数がなかったので、メーカー取り寄せで入荷までには1週間程になるということでした。

 

そこでピ〜ンッってきたのは、メーカーから取り寄せるということは通販でも取扱いがあるんじゃないかってことです。
商品が入荷してから、わざわざ取りに行くのも面倒なので、すぐに取り寄せられる通販で同じカーテンがないのか探してみました。

 

 

最新のデザインカーテンが最安値で売っているお店

ネットって、本当にすごいですよね?品切れだった同じデザインのカーテンが2割ほど安く売られていた通販ショップがあったのです。
サイズもたくさんあって、すぐに注文もできたので、購入しました。

 

全体的にも安い価格設定のお店ですが、他店で安い同一カーテンを見つけた場合には、表示価格の差額を2倍にして返却してくれる大胆な価格破壊を売りにしているネットショップです。

カーテン21

ニトリカーテンカーテン21

ネット通販専門店として、カーテン業界ではトップクラスの販売数を誇る有名店です。
また、店舗を持たないので家賃などの運営費を抑えている分を販売価格に反映させた割安な料金を設定しています。
自社工場で大量の生地と商品を揃え製造販売している信頼できるショップですよ。
もちろん、既製品だけではなくオーダーメイドにも対応してます。
ショップを仕切っているのは、センスの良い女性店長!
だから、サイトに使っている写真も女性目線から写しているので、窓やインテリアを取り入れたカーテンの写真は、実際に自宅で取り付けたときにイメージが湧くように掲載されています。

 

カーテン21でお勧めする理由の一つのサービスで、カーテンのウェーブがキレイに見える形状記憶機能サービスがあります。
形状記憶機能がついているような高級カーテンが選びたいとなるとどうしてもデザインに限りがでてきますが、カーテン21で購入したカーテンなら、形状記憶加工してくれるサービスが無料で行ってくれます!
通常のカーテンを買っても、ゴージャスな高級カーテンになるんですよ!
こんなサービスは、ニトリなどでは受けられないので欲しいカーテンに形状記憶してもらえるのは本当にうれしいサービスですね。

 

サイト構成も探しやすく流行やおしゃれなカーテンだけでなくて、買い物しやすい価格設定と求めているニーズに沿った様々なテイストを取り扱っているので、きっと探しているカーテンが見つかりますよ。

 

>>カーテン21

 

 

カーテンを取り付ける部屋に適した色選び

お部屋全体のバランスを考えると色使いはとても大切です。
一部だけでも色のバランスが崩れてしまうとお部屋全体のバランスがチグハグしてしまいます。

 

特にカーテンを取り付ける位置は目線の高さにあるので、嫌でも視界に入ってきます。
そこで、お部屋に合った色を選ぶことが大切になってきます。

 

ここで言う部屋に合った色とは、壁紙や使っているソファーやベッド類の色と合わせるとは違う意味で色による心理のことです。
色によっては心理的に働く効果があると言われています。
お部屋のバランスを考慮しながらも、居心地の良く過ごすために参考にしてみてください。

赤色・・・興奮作用があり食欲増進や血流増加効果があります。

ニトリカーテン赤

太陽の光が届かない部屋には暖かいイメージの赤色が向いています。
真っ赤な赤となると、興奮作用が高まるのでリラックスや睡眠を大切にしたい寝室には不向きですが、男女愛を高める色としてブティックホテルでは赤色を基調に使われています。

 

 

オレンジ・・・安心感、活発、健康のイメージが湧く色です。

ニトリカーテンオレンジ

赤と同様に強い食欲増進作用があり、飲食店でも赤やオレンジが多用されるほどなので、食卓などに使うと食事が美味しく食べられます。
オレンジ色と聞くと使いにくい色と思われがちですが、同系色になる茶色やベージュを組み合わせることで、全体をまとめやすくなりますよ。

 

ピンク・・・女性ホルモンの分泌を促進する色です。

ニトリカーテンピンク

また、攻撃性を抑える効果もあるので女性が好む代表的な色です。
全体的にピンクに統一したい女性が多いようですが、男性には精神的に落ち着かない色なので、異性の家族がいるときには参考にしてみてくださいね。

 

黄色・・・理解力、記憶力、判断力が高める左脳を刺激する効果があり、太陽の陽気や希望といった明るいのイメージがあります。

ニトリカーテン黄色

子供からの人気も赤色と並ぶ程高いのが黄色です。時間の流れが早く感じるような効果もあるので、客室やリビングには濃いめの黄色は使いたくないですね。
暗い部屋日差しの入りにくい場所やダイニングキッチンには、湿気を感じさせない明るめの黄色を使ってみる方法もありですよ。

 

緑色・・・緑は色の中で刺激の少ない色で、心身のバランスが落ち着きリラックスできる効果があります。

ニトリカーテン緑

また、どんな色とも組み合わせが自由に効くので、どこの部屋にもピッタリです。
濃いめの緑色や青っぽい緑には沈静作用が強いこともあるので、寝室に向いている色と言えるでしょう!

 

青色・・・鎮静作用の強い代表色と言える色です。

ニトリカーテン青

太陽の光が入る温かい南向きの部屋や寝室に適しています。奥行きを感じることもできるので狭い部屋を広く見せる効果も期待できます。
集中できる色なので、受験生が勉強する部屋のカーテンにも向いていますよ。

 

 

 

 

 

カーテンの歴史

中世ヨーロッパの貴族たちが最初に使ったと言われるのがカーテンです。
その当時のカーテンは、現在のようなデザインではなくシンプルなものでした。
おそらくこんな感じだったのでしょうか?

ニトリカーテン階段

 

その由縁は、ガラスがまだ貴重だったことで自宅にガラスでできた窓があるのは、限られた貴族の家にしか使うことができませんでした。
その高価な窓ガラスを彩るように布を垂らしたのが、カーテンの始まりの歴史とも言われています。
それに建物も自体レンガや石などで作られていたので、冷たいイメージを払拭するように窓に布を吊るすことで温かみや柔らかさを補ったようです。

 

今のように太陽光を遮るとか室内を見えなくするといった目的は、後からついてきた意味のようですよ。

 

日本にカーテンが入ってきたのは、江戸時代と言われていますが、日本の建物にはカーテンが不釣り合いなこともあり広まることはなかったそうです。
その理由以外にも日本には、のれんや障子などが主流でカーテンを使う意味がなかったからかもしれません。

 

日本で一般的にカーテンが受け入れられるようになったのは、昭和30年あたりだそうです。
その頃になると、注文住宅を建てる人に洋風住宅が人気を集まり、都心の土地とセットで買うことができる建売住宅が時代の流れに受け入られるようになりました。
その他にも賃貸アパートや団地にニーズがあって、時代的にも受け入られて建てられことが大きいようです。

ニトリカーテン男部屋

一部屋ごとの大きさも昔と比べたら小部屋化されてきたので、それぞれの部屋の窓にカーテンを取り付けることで需要が多くなり、今ではカーテンは必需品のひとつとなりました。

トップへ戻る